薬を飲む女性とマスクをかける女性
調子が良くない女性

アレルギーにはさまざまな種類があり、季節性や通年性のアレルギー性鼻炎や皮膚炎、結膜炎などがあります。この中で花粉症は季節性アレルギーと言われており、ある季節になると鼻水や鼻づまりがひどくなり、目のかゆみを感じることもあります。花粉症の場合、1回症状が起きてしまうと次の年も再び花粉症になる可能性が高く、この症状とほぼ一生付き合っていかなくてはならないのです。しかし薬を服用し、生活を見直していくことで症状を軽減することができます。

アレルギー治療薬とは?

アレルギーの治療薬にはさまざまなタイプのものがあるのですが、その中で花粉症の治療に使われるのは第二世代抗ヒスタミン薬と言われているものです。

第二世代抗ヒスタミン薬は第一世代と同じで、鼻水や鼻づまり、くしゃみの軽減に使用されており、第一世代よりも眠気や口の渇きといった副作用が起きにくい特徴があります。そして第二世代の場合、花粉が飛び始める前から服用することでヒスタミンを放出されにくくする効果もあるので、症状緩和につながっていくのです。

効き目自体は第一世代の方が良く、切れも良いのですが眠気や口の渇きを感じやすく副作用も若干出やすい傾向にあります。就寝前に使用することでそういった症状は気にならないため、すぐにでも効果を感じたい場合は第一世代抗ヒスタミン薬を服用すると良いでしょう。

第二世代抗ヒスタミン薬では、ザイザルやアレロック、アレグラといったものが有名です。どの薬も花粉の飛び始める直前から服用を開始し、花粉の飛散が終わるまで使用することで効果が持続します。花粉症対策の薬に多い、口の渇きや眠気といったことも起きにくく、子供でも服用できるものが多いです。きちんと服用することで、次第に症状が軽くなっていくので、忘れずに服用することが大切になります。

なお、市販薬の場合は第一世代なのか第二世代なのかは表記されていないことが多いです。パッケージの副作用の欄を見て眠気に関する記述があれば第一世代の可能性もありますが、第二世代にも書かれていることがあるので、判断はつきにくいです。気になるようであれば薬剤師に相談をしてどちらのものか聞くと良いでしょう。

この他に内服薬として抗ロイコトリエン薬や第二世代抗ヒスタミン薬と血管収縮剤が配合されたものなどがありますし、鼻炎の症状がひどい場合は内服薬の他に外用薬として点鼻薬が、目のかゆみがひどい場合は点眼薬が並行して使われることが多いです。点鼻薬も点眼薬もケミカルメディエーター遊離抑制薬や抗ヒスタミン薬が含まれていることが多く、素早く症状を改善へと導くことができます。

アレルギー治療薬は数が多く、どの薬が自分と合うのかは実際に使用してみないとわからないこともあります。そのため医療機関で相談をしながら薬を選択していくことが大切なのです。

ザイザルの効果

アレルギー治療薬としてよく使われるのは第二世代抗ヒスタミン薬です。第二世代にはザイザルやアゼプチン、アレグラやアレロックなどがありますが、比較的効果が出やすいのはザイザルになります。

ザイザルの主成分はレボセチリジン塩酸塩で、このレボセチリジン塩酸塩には、季節性や通年性の鼻炎や蕁麻疹、湿疹や皮膚炎に効果が出やすい性質があります。蕁麻疹にも効果があるのが特徴で、1回1錠を1日1回就寝前に使用することで1日中効き目を持続させることができます。

処方されるものは主に白くて細長い錠剤ですが、ザイザルにはシロップ状になっている薬もあります。錠剤は7歳以上からの服用となりますが、シロップであれば6か月以上の子どもにも使用することができます。もちろんシロップは大人であっても使用することができるので、薬の飲み込みがうまくできない高齢者などはドライシロップを検討しても良いでしょう。

花粉症は鼻づまりが起こりやすく、サラサラとした鼻水が絶えず出てきてマスクが手放せない状況になります。そして目の粘膜に花粉がついてしまった場合は大変なかゆみが生じ、目を開けていられない、コンタクトレンズの使用ができないといったことが起こります。生活をするうえで制限されることも多く、仕事などに影響が出てしまうことも多いため、花粉が飛ぶ時期はストレスがたまりやすくもなります。

こういったことを軽減するには、現在の段階ではザイザルのような薬の使用や、食生活の見直し、睡眠をしっかりととるといったことが必要になってきます。ザイザルの主成分であるレボセチリジン塩酸塩は第二世代抗ヒスタミン薬の中でも効き目が出やすいので、花粉が飛ぶ前に服用を開始することで、花粉が飛散している間の症状を軽減することができます。

花粉症の場合ストレスも影響があります。ストレスを感じることで自律神経が乱れていき、免疫機能が正しく機能しなくなるためです。免疫機能が過剰に反応することでかゆみなどが起きているので、花粉に過剰に反応するのを阻止しなくてはなりません。ストレスをためないように生活をするのも大切ですが、レボセチリジン塩酸塩が含まれている薬を服用することでかゆみや鼻水に対するストレスが軽減されるので、より効果が出やすくなります。

ザイザルの副作用

ザイザルは効き目の高い治療薬であるので、副作用も出やすい傾向があります。主な副作用としては眠気や口の渇きといった代表的なものから、吐き気や倦怠感、ふわふわとした浮動性のめまいが起こります。

他の薬と異なっている点としては、使用することによって無力症になってしまったり逆に攻撃性が出てくる、幻覚や健忘が起こるといったことがあげられます。意外な部分では嗅覚障害が現れることがあり、においがわからなくなるのと同時に味もわからなくなり、生活に影響が出てしまう恐れがあります。子どもに処方されることの多いシロップに関しても、薬の説明書には激越や落ち着きのなさが起こることがあると記されています。精神的な面にも影響が出ることがあり、注意が必要なのです。

そして重篤なものには、アナフィラキシーショックがあります。アナフィラキシーショックになると呼吸困難を起こし顔面が蒼白してきます。そして血圧低下が起こり命に危険が及ぶ場合もあります。

大変良く効く薬でありますし、シロップ状のものもあることから様々な年代に使用されることが多いのですが、効きめがある分、副作用も出る危険性が高いです。そして相互作用に気をつけなくてはならない医薬品もあります。

喘息でよく処方されることがあるテオフィリン、リトナビルといったものは薬の効果に影響が出ますし、このほか中枢抑制剤やエタノールの摂取では中枢神経系に影響が出ることが確認されています。飲食においてはウイスキーやブランデーといったアルコールを含むものは相互作用が高くなる傾向があります。アレルギー性鼻炎が起きている場合喘息も一緒に起きている可能性が高いので、喘息に関する薬も処方されることが多いです。同じ病院に通院している場合は医師が確認をするのでよいのですが、もし違う場合は何の薬を使用しているのかしっかりと伝えるようにしてください。

花粉症が最もひどくなる時期は、年度がわりであり、転勤などによって飲酒する機会も多いです。花粉症の薬を使用している場合はその飲酒が悪い影響を及ぼし、薬の効き目を強めたり弱めたりと正しい効果を実感することは難しくなります。しっかりと効き目を実感するには、やはり飲酒を控えたほうが良いので、毎日飲酒をする生活習慣は改めるようにします。